FC2ブログ

Home > スポンサー広告 > さっき童貞卒業したったwwwww

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://rancru0725.blog101.fc2.com/tb.php/1139-f065df2a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 俺のNEWS

Home > スポンサー広告 > さっき童貞卒業したったwwwww

Home > 未分類 > さっき童貞卒業したったwwwww

さっき童貞卒業したったwwwww

  • Posted by: よし
  • 2011-11-20Sun08:00:43
  • 未分類
1 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:29:14.76 ID:k13dCdLq0


お前らざまぁwwwww





7 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:33:30.15 ID:BC+perNki


>>1よ、、それは童貞卒業やない!!風俗や!!





56 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:42:04.15 ID:D2zV3tpji


>>1と彼女のスペックは?
付き合ってどれくらいなの?





60 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:52:13.58 ID:k13dCdLq0


>>56

スペック

20歳 63kg 175cm ドM
友達からはしゃべらなかったらカッコいいのにね
とか
残念なイケメン
とか言われる。

彼女
20才 160cm位?俺の頭一個分低かった 体重は知らん 処女
性格はおっとりしてる
半オタみたい 乙女げーやってらした

付き合って1週間位かな


ほんで朝。
8時にセットしておいた目覚ましが鳴り響く。
うっさいなぁもう・・・
あ、てかあのまま俺寝ちゃったんだ・・・
ちょっとショック受けながらも、隣で彼女が寝てるという事実。

そして彼女も目を覚ました。

彼女「うん・・・?あ、おはよー・・・」

俺「おはよー」

彼女「・・・今何時?」

俺「8時だよ」

彼女「ふーん・・・」

どうやらかなり朝に弱いらしい。
めちゃくちゃ寝ぼけていた。

彼女「もうちょっと寝るー・・・」

そういいながら彼女が俺に抱きついてきた!






2 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:31:08.48 ID:KLsWDk9H0 BE:2238730548-2BP(0)


お前さっき寝てたじゃん(´・ω・`)

意気揚々としてるとこ悪いんだが

それ 夢 だぜ(・ω・`?






3 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:31:51.80 ID:8HEMlF8ti


>>2
センスあるな。コピペか?






6 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:33:00.32 ID:KLsWDk9H0 BE:3917777478-2BP(0)


>>3
コピペじゃない。サンクス






4 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:32:04.25 ID:kS/Wg9hCO


一瞬自演に見えた





5 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:32:29.04 ID:k13dCdLq0


夢じゃねぇよwww
まぁ挿入できなかったけど






8 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:33:46.55 ID:KLsWDk9H0 BE:279841722-2BP(0)


>>5
それ、卒業してないやん(´・ω・`)






9 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:34:38.42 ID:kS/Wg9hCO


>>5
えっ!?






12 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:35:05.70 ID:kS/Wg9hCO


>>5
えっ!?






10 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:34:39.26 ID:E1XXIbOW0


挿入なしかよwww





11 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:34:44.54 ID:k13dCdLq0


あれだよ
童貞によくあるという直前萎え?みたいなので勃たなかった






13 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:35:08.73 ID:BC+perNki


つまり童貞、ww





14 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:35:17.05 ID:3csq77dx0


お前それ卒業してないじゃん





15 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:35:35.36 ID:k13dCdLq0


えっ





えっ






16 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:36:47.41 ID:KLsWDk9H0 BE:2448610875-2BP(0)


えっ




えっ






17 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:36:56.24 ID:BC+perNki


それって、童貞守ってるんだよな?





18 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:37:05.48 ID:Ig6VsqA90


童貞卒業してないしwwwww





19 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:37:19.30 ID:k13dCdLq0


俺の中ではま○こ舐めたら童貞じゃないって認識だったわ・・・





20 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:38:11.03 ID:KLsWDk9H0 BE:1259285292-2BP(0)


それク●ニやん。





22 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:39:55.76 ID:Ig6VsqA90


>>19
意味わかんねぇwww






21 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:39:03.26 ID:8HEMlF8ti


>>19
味大丈夫だったか?色々いるからな。






27 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:48:04.08 ID:k13dCdLq0


>>21
もう舐めなくていいなって、思ってしまうのでした。


やばい!全然それっぽい雰囲気にならない!エロゲだったらここで服ぬいでくれるのに!
てかこのエレクチョンしまくった息子どうやって隠そう!

俺「ううううううん!そうだよね寒いよね!zyじざyざじゃあ、おおお俺が暖めてあげるよ!」

完璧だった






23 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:40:11.86 ID:k13dCdLq0


まぁちょいそこまでの経緯言うぞ


彼女が出来た俺は食事に誘った
ほんでそのままのながれで自宅に連れ込んでセクロスするという計画だったわけだ






24 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:41:35.23 ID:k13dCdLq0


そんでその計画は成功
なんとか自宅にまでは連れ込んだ
しかしそこは童貞こっからどうやってセクロスまでもっていくか全然わかんない






25 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:45:14.01 ID:k13dCdLq0


ここで俺はエロゲで培った対話スキルを発動した

俺「そおおそそおおsそういえばなんか今日暑くない?っふふっふh服脱い方がいいと思うよ!」

彼女「いや全然暑くないし、寧ろ寒いし」

俺「」


全然駄目だった






26 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:46:13.45 ID:KLsWDk9H0 BE:2518571366-2BP(0)


エロげで対話スキルは身に付かんだろ(;´д`)





28 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:52:43.48 ID:k13dCdLq0


彼女「えーw恥ずかしいよーw」

俺「いや!大丈夫!全然!うん!大丈夫だから!」

彼女「えー、じゃあちょっとだけねw」

そんでソファで抱き合う。完璧すぎた。
しかしこっからどうしよう、ベロチューでもしてムラムラさせればいいのか。
それとも耳元で「Hしよ?」とでも囁けばいいのか。

とりあえずベロチューすることにした。






29 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:55:41.69 ID:k13dCdLq0


俺「きききいkっきキスしてもいい?」

彼女「うーん、まぁ、いいよw」

ktkr!
でもキスの仕方わかんない!ましてやベロチューなど想像もつかない!

彼女「・・・」

目を瞑る彼女、こ、これは所謂「キス顔」というやつか!

そしてキスをする俺たち






30 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 11:59:21.03 ID:k13dCdLq0


そしてそのままの流れでベロチューまでもってく

俺「口開けて」

彼女「え?」

強引に舌をねじ込んでみた。
これは新感覚!舌のざらざらが気持ちい!
しかし俺ばっかり舌を動かして彼女は寧ろ舌を引っ込ませている。
あれ?これってこう舌をお互いにねろねろ絡ませるやつだよね?
なんで彼女はなにもしてこないんだろう?

不安になって顔を離すと
彼女は泣いていた。




やっちまったぁぁっぁあ嗚呼あああああああああああああああああああ!!!!






31 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:01:49.49 ID:k13dCdLq0


え?なんで?なんで泣いてるの?
強引すぎたの?え?え?なんで?

超動揺する俺、軽くパニック状態。

俺「え?あ、あの・・・嫌・・・だった?」

彼女「コクン」

俺「」






32 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:03:19.35 ID:t0VOTS+20








33 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:03:29.10 ID:E1XXIbOW0


早く





34 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:03:39.13 ID:0TkHE9CN0








35 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:04:10.68 ID:0TkHE9CN0


早く





36 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:04:56.52 ID:E1XXIbOW0








37 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/11/19(土) 12:05:25.30 ID:NqV1TFwE0


バカじゃね?そんな場合はひっぱたいてパンツぬがして強引にチン●ン口の中に入れりゃ良いって父ちゃんが教えてくれたよ





38 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:05:46.97 ID:pJtF+7Om0


スマン 嫌だった>こくんで吹いた





42 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:14:02.30 ID:k13dCdLq0


>>37
それなんてエロゲ

先に布団に入る俺、後から入ってくる彼女。
まぁ必然的に密着してしまうわけで。
肩と肩が密着しあう、めちゃくちゃあたけぇwww
とりあえずさっきのことを謝ることにした。

俺「その・・・さっきはいきなりゴメン・・・」

彼女「・・・うん」

俺「怒ってる・・・?」

彼女「・・・もう大丈夫だよ、さっきはイキナリだったから私もちょっとびっくりしただけだから」

俺「本当にゴメン・・・」

彼女「もう・・・謝るの禁止!」

そういって彼女が俺の腕に絡みついてきた!






41 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:08:55.85 ID:xZTo4TKFO


>>37レイプ魔の子供か…





46 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/11/19(土) 12:19:24.96 ID:NqV1TFwE0


>>41
あっ?バカにしてんじゃねえよ!
父ちゃんはレイプ魔なんかじゃねえよ!

ただちょっとアル中で幻覚見て暴れるから窓も何も無い部屋に鍵かけられてずっと入ってただけだよ。

父ちゃん俺が5歳の時に死んじゃったから壁越しにその言葉を聞いたのが最初で最後の父ちゃんの形見だ






39 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:07:30.39 ID:MeIkDg4K0


電車で勃起中





40 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:07:51.54 ID:k13dCdLq0


そのまま気まずい空気が流れる。

彼女「ヒックエック」

俺「・・・」

流石童貞こういう時なんて声かけていいかわからない。
しばらくしてようやく落ち着いたようだ。
ここまでくると流石に俺もSEXSEX!とか思わなかった。
息子もしょんぼり。

俺「もう・・・寝よっか」

彼女「コクン」

特に会話も無いまま就寝する。
しかし生憎俺の部屋にはベットが一つしかない。
まぁ別に俺は雑魚寝でも構わないんだけど、彼女がそれでは申し訳ないと言い出す。
というわけで一緒にベットで寝ることになった。






43 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:15:28.37 ID:N1XcnH1f0


今北産業





44 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:17:10.07 ID:k13dCdLq0


いきなりのことにめちゃくちゃビビる俺。
てか胸が!無い胸があたってますよ!
彼女は顔を真っ赤にしながら顔をうずめてくる。
てかこんな布団の中で密着されたら僕の息子がまたエレクチョンしてしまう!

そんな俺の心配をよそに彼女はもう眠っていた。
これは・・・

触 り 放 題 !






45 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:18:38.16 ID:D2zV3tpji


引くわ





47 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:21:44.55 ID:k13dCdLq0


全然懲りてなった。

俺はそーっと絡みつかれていない方の腕を彼女の胸に伸ばす。
心臓バクバクだった。でもえろいことしたいです先生!

そして指先が彼女のあまり主張しない胸に触れた!

俺「!!!」

俺感動、そしてフル勃起。
なにこれめっちゃやわらかい!素晴らしい!

彼女「スースー」

よし、目を覚ます気配無し!オールグリーン!
そして今度は大胆に揉んでみる。
モニュモニュ

うっひょ






48 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:22:52.99 ID:t0VOTS+20


キ モ イ !





49 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:24:09.65 ID:cw7q6MGQ0


おうおういい展開ではないか・・・
 
続けたまえ






50 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:25:05.59 ID:k13dCdLq0


これはやばい、ずっと揉んでいたくなる。
手のひら全体でその感触を確かめるようにもみもみした。
そしてそのまま乳首を探す。
が、ブラしているので当然そんなものは見つからない。

俺「・・・」

よし・・・起きてないよな?うん。
やめておけばいいのに、俺はそっと手を下にもってった。






51 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:27:31.28 ID:ynbPyfYd0


女の子によって胸の硬さって違うんだよな
風俗で10人くらい経験したが、
1人だけふよっふよの子がいてこれがマシュマロ乳か!と感動したもんだ






52 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:28:43.27 ID:k13dCdLq0


流石にいきなり秘部に触るのはおっかなかったので、とりあえず太ももを触ってみた。
・・・うん、まぁおっぱい程の衝撃はないけどこれはこれでいいな!太ももコキされたい!
とか思いながら撫でてていく。
そうしてしばらく撫で回していると

彼女「ん・・・?えっ!?」


目覚ましちゃった。






53 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:33:38.01 ID:k13dCdLq0


俺「!!!!!!」

超ビビる俺、やばいばれたか・・・?

彼女「・・・今何時?」

俺「え!?あ、あぁー今は1時だよ」

彼女「そっかー・・・」

こ、これは・・・ばれてないか?
うん、泣き出したりしない、きっとバレてない、うん。
しかしやあヴぁい、さっきのパイタッチでドライオーガズムに達してしまった。
当然まだ全然ものたりない。
ちん●んが気持ちよくなりたいって言ってる!

そしていよいよ理性が崩壊した俺は行動にでた!






54 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:36:59.11 ID:k13dCdLq0


俺「あのさ・・・」

彼女「うん・・・?」

俺「ヤバイんだよね・・・」

彼女「何が?」

俺「いや、ほら・・・アレが・・・」

彼女「あれって・・・あっ///」

俺「うん・・・」

彼女「・・・///」

俺「その・・・しちゃ・・・駄目かな・・・?」

言った!いったった!よっしゃ!
これは雰囲気もいい感じだし、セクロスできるだろう!

と、思っていた時期も俺にはありました。






55 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:40:51.26 ID:33e+tLk00


はよ





57 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:42:39.26 ID:0TkHE9CN0


早く早く





58 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:43:04.99 ID:k13dCdLq0


彼女「やだ」

えっ?いま奴はなんと言った?やだ?なんで?

俺「えっ・・・駄目?」

彼女「うん、駄目」

凄いはっきりした口調で言われた。
でもそんときの俺はHがしたくてしたくて滅茶苦茶必死になってた。

俺「え・・・どうしても駄目?」

彼女「うん」

俺「・・・絶対に?」

彼女「絶対に」

俺「・・・」

無言になる俺。
ここで「俺のこと嫌い?」とでも言えばもしかしたら強引に出来たかもしれないけどなんか恥ずかしくて言えなかった。
これじゃあ生殺しだよ・・・

彼女「もうねよ・・・?」

俺「・・・うん」

結局その日は特に何も無かった。
俺もいつの間にか眠っていた。






59 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:43:38.14 ID:NjHqO5a90


どうせ釣りなんだから、書き溜めてからにしてくれよ。

パンツ脱いだままだなんだぞこっちは。






61 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 12:56:10.34 ID:k13dCdLq0


おおう・・・
抱き枕かなんかだと思っているのか、俺を足と腕で挟んで離さない。
いや、まぁうれしいんだけど、朝は俺の息子が元気ビンビン丸だからやばいっすよ・・・

そんな気も知らずまた寝る彼女。
うーんどうしたものか。
とりあえず元気息子を彼女の足に擦り付けてみた。






62 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:01:54.76 ID:VITHh8Tv0


ここまででク●ニに持ち込める気がしない





64 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:04:18.75 ID:k13dCdLq0


うん、すごいもどかしい。
やっぱり直接やりたい。でも流石にち●こ出すのは怖い。バレたらどうなるか・・・

ピピピピピ
さっき止めたはずの目覚ましがまた鳴り出した。

俺「!!!」

急いで足からち●こを離す。
そしてまた彼女が目を覚ました。

彼女「うーん・・・」

ごめん、もう無理、押さえらんない。バイバイ理性。

俺「ねぇ・・・起きてる?」

彼女「うーん・・・」

俺「俺さ、今ヤバイんだよね、アソコが」

彼女「!!」

アソコという単語に一気に顔が赤くなる。
しかしこの時の俺は強気だった。なんでなんだろう。
そしてどんどん言葉攻めをする俺。

俺「朝だからさ、仕方ないよね、朝立ちって知ってる?」

彼女「///」

顔を赤くして首をブンブン振るばかりで、全然喋らない。
しかしここでも強気どんどん攻めるよ!








65 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:08:20.63 ID:k13dCdLq0


俺「触ってみて」

彼女「えっ!?」

俺「俺の、触って」

彼女「無理無理!滅茶苦茶恥ずかしいよ!」

ふむ、嫌では無いってことだな、ならば。

俺「大丈夫、彼女にはなにもしないよ、絶対に」

彼女「いや、無理だって、恥ずかしいよぉ・・・」

俺「大丈夫、彼女には絶対何もしたい、触ってくれるだけでいいから」

彼女「・・・ほんとうに?」

俺「うん、だから、ね?ちょっとだけ」

そういって俺は彼女の手を自分の股間に持っていった。






66 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:13:03.63 ID:k13dCdLq0


そして彼女の手が俺の股間に触れた。
うっはwwwwなにこれめちゃくちゃ興奮するwwww

彼女「///」

めっちゃ恥ずかしそうに枕に顔を埋める彼女。
その仕草がさらに俺をヒートアップさせた。

俺「こう、もっと上下にしごくようにしてみて」

彼女「こお・・・?」

控えめにしごいてくれる彼女。
・・・うーん、まぁ気持ちいっちゃ気持ちいんだけど全然物足りないなぁ。
そして俺は次の段階へ移ることにした。






67 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:14:47.47 ID:E1XXIbOW0


wktk





68 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:14:48.62 ID:jOweRtDk0


朝立ちとは したくない 歯磨いて 出直せ





69 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:16:33.10 ID:k13dCdLq0


俺「直接触ってみて」

彼女「え?恥ずかしいようぅ・・・///」

俺「大丈夫、絶対彼女にはなにもしないから」

どうやら「なにもしない」という言葉に安心をしているらしい。
まぁなにもしないわけなんですけどね!

そして俺は布団の中でズボンとパンツを脱いだ。
そしてまた彼女の手を股間にもって行く。

彼女「///」

もう超顔真っ赤。このまま爆発するんじゃないだろうか。
でも、彼女は俺のをしこしこしてくれた。






70 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:23:11.78 ID:7obZLHY80


俺49歳のオッサンだけど、、、、tnkおっきした。ありがとう!
この勢いでかーちゃんとしてくる






71 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:24:05.30 ID:k13dCdLq0


俺「どう?」

彼女「わかんないよぉ・・・///」

すごくあっつい・・・とか言ってほしかったけどまぁそこはいいや。
今はそれよりセックルまで持っていくことが大切だ。
そしてまた俺は行動にでた。

俺「彼女のおっぱい、触ってみたいな」

彼女「恥ずかしいよ・・・///」

俺「大丈夫、彼女はそのまま擦ってて」

なにが大丈夫なのだろうか。
とにかく俺は彼女の胸を服の上から揉んでみた。
彼女は凄いはずかしがっていたけど特に嫌がってはいない。
俺はそのまま、彼女の上着を脱がせた。
やはりというか、彼女の胸は小さかった。AかB位?Cは無いはず。
そしてその真ん中にぽつりとあるピンク色のきれいな乳首。
そしてそのままブラをずらして、胸直接触った。






72 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:29:38.79 ID:k13dCdLq0


彼女の胸は汗でしっとりと濡れていた。
すごいなぁ・・・吸い付くみたいだ。
小さいけれど、たしかにある胸、本当にマシュマロみたいだった。

彼女「小さいから、恥ずかしいよ・・・」

俺「全然そんなことない、綺麗だよ」

本心からそう思った。
そして俺はそのまま彼女の乳首を舐め始めた。
舌が触れた瞬間ビクッっと彼女は震えた。
俺はチロチロと乳首と舐めた。
時々弾いたり、挟んでみたり、吸ったり。
そのたびに彼女は小さく「んっ」と声を上げる。
感じてくれてるのが嬉しくて、俺は何度も何度も彼女の乳首を舐めた。






73 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:33:57.41 ID:k13dCdLq0


しかしブラが邪魔だ、はずさなあかん。
てこずるかと思ったが、あっさりホックは外れてくれた。
妹のブラで練習した甲斐があったなぁ。

上半身裸になる彼女。最高にエロかった。
そのまま彼女を寝かせてまた乳首を舐める。
そして、そのまま空いてる手を彼女の下半身に持っていった。






74 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:38:42.42 ID:k13dCdLq0


俺の手がそっと秘部に触れる。
彼女は抵抗してこなかった。
そのままパンツの中に手を突っ込もうとしたけど、ここでアクシデント。
ホットパンツ+ストッキングというきつきつコンボで、俺の手の入る隙間がない。
うーん、やっぱ脱がすしかないかぁ、着エロしたかったんだけどなぁ・・・

俺は彼女の乳首から顔を離した。
彼女はすっかり息が上がっていた。
うん、エロい。
そして俺は彼女のホットパンツとストッキングを脱がし始めた。






75 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:43:27.37 ID:k13dCdLq0


俺「腰・・・上げて?」

彼女「コクン」

頷いて彼女は腰を少し持ち上げる。
そしてホットパンツ、ストッキングを脱がせた。
でもパンツは脱がさない。だってクンカクンカしたいもんね!
俺はそのまま彼女の股間に手を伸ばした。
そこはもうしっとりと濡れていた。

彼女「やぁ・・・」

すげぇ、本当にこんな風に濡れるんだ・・・
とか感動。
とりあえず、パンツ越しに股間を上下に擦っててみる。

彼女「んぅ・・・んっ」

小さく喘ぎ声を上げる彼女。
俺はそのまま顔を股間に近づけた。








76 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:47:46.57 ID:k13dCdLq0


彼女「ちょ・・・やぁ・・・」

お構いなしに俺はクンカクンカした。
うーん、なんか想像していた匂いとは違う。
確かにエロイ匂いなんだけど、ずっと嗅いでいたいかといわれれば答えはNOだね。
アソコの匂いを堪能した俺は、いよいよパンツを脱がすことにした。

俺「もっかい、腰上げて・・・?」

黙って腰を上げてくれる彼女。
そして俺は彼女のパンツを脱がせた。






77 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 13:54:47.19 ID:k13dCdLq0


控えめな森林が顔を出す。
パンツのクロッチ部分を見てみると、愛液のようなものが白く固まっていた。
そしていよいよ、彼女を隠すものは何も無くなった。
部屋になんともいえないエロい匂いが充満した。
彼女は顔を手で覆ったまま、ただ恥ずかしそうにしていた。

俺は無言で彼女の股間にそっと手を伸ばす。
彼女のアソコはぬるぬるだった。こんな濡れるもんなのか・・・
とりあえず上下に擦ってみる。
その度に、彼女の秘部からはヌチョヌチョといやらしい音を立てた。






78 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:00:03.32 ID:k13dCdLq0


彼女「んっんんぅ、あっ」

彼女の声がどんどん大きくなる。
男としては嬉しい限りだった。
しかし、クリ●リスがどこにあるかわからない。
俺は彼女の秘部を入念に触ってみた。
すると、上のほうにちょっとだけ盛り上がった部分があるのを発見。
多分これがクリ●リスなのだろう。
俺はそこを執拗に擦った。

彼女「んん!あぅ!あっあぅ!だめぇ・・・」

正解だったようだ。
てか、リアルに「だめぇ」とかいうんだなって、また感動してた。






79 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:07:18.75 ID:k13dCdLq0


感じている彼女に気を良くした俺は、加藤鷹ばりの指使いで彼女のクリを刺激した。

彼女「やぁぁ、あぅ、やっ、だめ!だめぇ・・・」

彼女はつま先をピンとして、腰を浮かしていた。
もう俺のボルテージは最高潮。
もしかしてこのままイかせられるのではないか?
そう思った俺は一層激しく指を動かした。

俺「イきそう?」

彼女「んっ・・・わかんないよぉ・・・あぁ!」

俺「イきそうなんだね?」

彼女「イきそうというか・・・ちょっと痛い・・・」

俺「」

やばい、力みすぎた!
俺は謝って彼女の股間から指を離した。

彼女「はぁ・・・はぁ・・・ううん、いいよ」

なんて健気なんでしょう。
とりあえず俺は一旦手マンをやめて、フ●ラしてもらうことにした。






80 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:08:04.33 ID:k13dCdLq0


ちょっとご飯食べてくるわ





81 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:21:14.99 ID:k13dCdLq0


戻り

俺「その・・・俺のアレ、舐めてくれる?」

彼女「えー、うん・・・でも、どうすればいいかわかんないよ?」

俺「うーんとね、じゃあとりあえず先っぽ舐めてみて?」

彼女「うん、わかった」

言いながら、顔を俺の息子に近づける彼女。
長い髪を耳にかけて、チロっと亀頭を舐めた。

俺「あぅ」

彼女「あ、大丈夫?痛かった?」

俺「いやいや!大丈夫、気持ちいいよ・・・そのまま続けて」

こくんと頷き、また舐め始める。
チロチロと小さい下が俺の股間を舐め上げる。
これは病み付きになりそうだった。






82 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:25:24.38 ID:k13dCdLq0


俺「今度は、こう裏を舐め上げるようにしてみて?」

彼女「コクン」

竿を下のほうから舐め上げる彼女。
これはやばすぎる・・・

俺「はぅ」

男の癖に情けない声がでてしまった。
彼女はその声を聞いて気を良くしたのか、何度も何度も俺の竿を舐め上げてくれた。






83 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:31:49.59 ID:k13dCdLq0


俺「じゃあ、今度は咥えてみて」

彼女「コクン」

一瞬躊躇ったが、彼女は俺の竿を口の中に入れた。
やばい、これは今までで一番興奮する!
そして歯が当たって気持ちいい!
時々カリの部分に舌を回すんだがこれがもう凄いのなんのって。
足がガクガクした。

彼女「んちゅ、んん、うん、ちゅぱ」

やばいやばいやばい!
フ●ラだけでいっちゃう!
俺は急いで彼女にストップをかけた。

俺「ちょ、ストップ・・・これ以上はやばい・・・」

彼女「気持ちよかった・・・?」

俺「もう、やばい位に」

そういうと、彼女は嬉しそうに目を細めた。
そして、いよいよ彼女のアソコに挿入ることにした。






84 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:32:15.16 ID:RwJ+a0Vu0


文章がエロゲっぽいぞwww
童貞の癖に余裕そうに見えるが釣りではないんだよな?な?

とにかく続けろください






85 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:34:16.94 ID:k13dCdLq0


俺「そろそろ・・・いいかな?」

コクンと頷く彼女。
俺はコンドームを取り出した。
オナホで何回も使用していたから速攻で装着出来た。
彼女の足を開く俺。

そしていよいよ挿入・・・!


出来なかった。






86 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:37:51.37 ID:E1XXIbOW0


はよはよ





87 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】 2011/11/19(土) 14:39:05.49 ID:RwJ+a0Vu0


>>85
そうだった挿入なしだったな前言撤回
はよはよ






88 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:39:53.72 ID:k13dCdLq0


ここにきて童貞四天王発動。
ち●こがみるみるうちに萎えていく。
え?なんで?さっきまであんなビンビンだったのに!
これがあれか!直前萎えとかいうやつか!前にどっかのスレで見たわ!
滅茶苦茶焦る俺。彼女も不思議そうにこちらを見ていた。

彼女「?どうしたの・・・?」

俺「いや、なんか、えっと・・・あれ?」

滅茶苦茶情けない俺。ち●こは半勃ち。
なんど挿入を試みるもふにゃっとして入る気配無し。

俺「・・・」

彼女「・・・」


泣きたかった






89 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:41:58.68 ID:Fk+4xkY10


俺、童貞なんだけど、このときの空気と、滑った時の空気ってどっちがやばい?





90 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:42:23.37 ID:RwJ+a0Vu0


あああああ





93 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:51:27.35 ID:k13dCdLq0


>>89
断然こんときの空気の方がやばい
もうほんと情けなくなる。男としてどうなのって。


どうしたもんか・・・
とりあえず彼女を俺の上から降ろす。
考えろ・・・考えるんだ俺・・・

あっ!そうだ!大事なことを忘れていた!
今まで攻めてばっかだから忘れてたけど、そうだ俺は!


俺 は ド M だ っ た !






91 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:46:25.11 ID:k13dCdLq0


あ!そうだ!騎上位だったら入るかも!

俺「・・・ちょい、騎上位やってみて」

彼女「え?」

俺「うーんと、俺の上に跨ってみて」

彼女「・・・わかった」

そういって、彼女が俺の股間の上に跨る。
アングルというかもうなにもかも最高にエロいのに、一向にち●こは勃たない。
というか、もうなんか全然エロいっていう気持ちが無かった。

彼女「これで・・・どうするの?」

俺「うーん、このまま挿入てみて」

頷き、彼女は俺のモノを自分のにあてがう。
しかし、やっぱりふにゃふにゃしてるから、全然入らない。

彼女「んっ・・・あれ・・・?入ってる・・?」

俺「・・・」

すんません童貞ですんませんそれどうみても入ってないですふにゃちんでごめんなさい。






92 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:48:01.90 ID:Fk+4xkY10


そのなんでも言うこと聞く彼女くれ。





94 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 14:56:04.98 ID:k13dCdLq0


そうだそうだよ!
簡単なことじゃん!俺が攻められればいいんだよ!
やっぱり罵倒?「このふにゃちん童貞が!お前キツネみたいなんだよ!」
・・・いや、それは普通に凹む。
うーんと・・・あ!

俺「うん・・・とさ」

彼女「うん?」

俺「その・・・足で・・・してくれない・・・?」

彼女「あ、足で・・・?」

俺「うん・・・」

めっちゃ恥ずかしかったけどそんなん関係ない!
踏まれたい!踏まれたい!
あぁ!さっきストッキング脱がさなきゃ良かった!






95 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 15:01:31.31 ID:k13dCdLq0


彼女「えっと・・・どうすればいいの・・・?」

俺「うん、じゃあちょっと足貸して」

言って、俺は彼女の足を自分の股間に当てる。

俺「このまま踏んでみて」

彼女「え!?痛くないの!?」

俺「うん・・・」

寧ろ痛いのが気持ちいいんです
彼女は恐る恐る俺をモノを踏んでくれた。
こ、これは・・・竿とタマを同時に踏まれるというそして踏んでくれているというもううっひょ
今書いてても分けわかんなくなるくらい興奮した。
やばい、足コキやばい。






96 :名も無き被検体774号+ 2011/11/19(土) 15:03:39.62 ID:RwJ+a0Vu0


未体験なんだが足ってそんないいの?





Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://rancru0725.blog101.fc2.com/tb.php/1139-f065df2a
Listed below are links to weblogs that reference
さっき童貞卒業したったwwwww from 俺のNEWS

Home > 未分類 > さっき童貞卒業したったwwwww

タグクラウド
リンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。